サービスのご紹介 使い方 お知らせ お問い合わせ

電子スタンプカード

βバージョン

すぐにはじめる電子スタンプカード
こちらからスタンプカードを始めましょう。

サービスのご紹介

無料で始められます。

無償版はスタンプカードに控えめな広告をお出しします。

店舗は1つ。スタッフも1人。デザインは固定。
スタンプは10個固定
クーポンの種類は1つ。
クーポンの内容は変更できます。

発行できるスタンプカードの枚数に制限はありません。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

お客様用の専用アプリは不要です。

お客様はPOPなどからQRを読みこむだけでスタンプカードをお使いになれます。

お店では、お手持ちのスマートフォンで専用アプリなしで使うことができます。

専用端末でスタンプを押すこともできます(現在開発中)
こちらからスタンプカードを始めましょう。

お店のスタッフがスタンプを押します。

お会計時にお店のスタッフにお客様のスマートフォンのQRを提示していただき、読み込んでスタンプを押します。

スタンプの個数はスタッフが変えられますので、
「500円につき1つ」といった固定的なルールの他に
「紙のスタンプをもってきた方には押してある分」
「今日は気分がいいのでオマケ」
など、柔軟な運用ができます。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

メモの書き込みができます。

スタンプを押す際に、お客様には見えないメモを書き込めます。
お客様のお名前や、好みなどのメモを書くことで、きめ細やかな対応ができます。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

こちらからスタンプカードを始めましょう。

使い方

使い方1

お客様に店頭POPを読み込んでもらいカード画面を表示します。メール登録をしてもらうとお問い合わせに対応しやすくなります。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

使い方2

カード画面右上のQR表示ボタンを押してQRを表示します。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

使い方3

表示されたQRをスタッフが読み取ります。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

使い方4

スタンプ数を確認して送信すると、スタンプが押されます。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

使い方5

クーポンをお持ちのお客様は表示されているのでお客様に確認後「使う」ボタンを押します。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

お知らせ

ベータバージョン運用です。

機能追加/修正のためにサービスを再起動することがあります。
ご迷惑をおかけします。
ご登録されたデータを消去することはありません。
また、現段階ではかなり早いタイミングでのご利用ですので、参考のためにご意見をメールで伺うことがあるかもしれません。その際はどうぞよろしくおねがいします。
2018/01/03

QRコードリーダーについて

iPhoneについては、iOS11より、QRコードリーダーが標準カメラに搭載されています。「設定」→「カメラ」→「QRコードをスキャン」をONにすると使えるようになります。

QRコードリーダーアプリをアプリストアよりダウンロードして使うこともできます。デンソーウェーブのQRコードリーダーは驚くほどの速さで読み取ります。LINEには友達追加の画面にQR読み取り機能が搭載されています。
こちらからスタンプカードを始めましょう。

フィーチャーフォン対応

デザインが適用されない、メール登録などができないなど一部機能制限はありますが、フィーチャーフォン(ガラケー)でもスタンプをためてクーポンを使うという基本的な機能はご利用になれます。
2018/01/03

有償版について

無償版は、画像など難しく考える部分などを極力排して「お店の名前だけ入力すればすぐに使える」ように機能を制限しています。
現在有償版を準備中ですが、広告の非表示、店舗・スタッフの増加、カード・クーポン・アイコン・スタンプ画像のアップロード、デザイン変更(選択・任意)、複数種類のカード、スタンプの数の変更、クーポンのスタンプ位置の増減、期間限定クーポン、 譲渡可能クーポン、ブラウザプッシュ通知などは実装済です。決済するところを作っています。
2018/01/03

会員紹介について

カード画面QRは、スタッフが読み込むとスタンプ・クーポン操作画面になるのですが、それ以外の方が読み込むと新たなカードを発行し「ご紹介」ということになります。有償版では、ご紹介のあった方がご来店時(スタンプが押されたタイミング)で、クーポンを発行するといったことを計画しております。
2018/01/03

カスタム開発について

このスタンプカードシステムは、ユーザー側にはQRがあればいいという仕様なのでスマートフォンもなくても、紙にQRを印刷することでも運用が可能です。また、既に独自のアプリケーションを開発してしまっている、という場合などでも、アプリ内ブラウザの中にQRを表示することができればスタンプカード機能を追加することができます。
2018/01/03

専用端末について

電子スタンプカードは顧客側にはアプリはないのですが、店舗側にはアプリを用意しております。安価でレジ横に場所を取らずにおけるタブレットということで、Amazon Kindle Fireをターゲットに開発を行っています。
Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック
2018/01/03

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせは下記のメールアドレスまでお願いします。
info@stamp.iikanji.jp
こちらからスタンプカードを始めましょう。